とっても不思議な脱毛法


腋の下のムダ毛って、本当に困っちゃいますよね。

特に春先になると準備しなくちゃと思って、あれこれ始めるんですが。脱毛サロンに行くほどのこともないし、何となく自分で処理しちゃうんです。

カミソリとか毛抜き使っていますけど、それ以外にもちょっと意外な方法でやっています。

灰ってありますよね、炭を燃やした後に残るそれこそ、灰色の灰です。

あれを、一応処理した後の腋に軽く塗るんです、そうすると次に生えてくるまでが何となく遅くなり、毛も細くなるような。

気のせいかとも思ったんですが、実際にこれやっていたら段々生えなくなってきて、生えてきても以前とは比べ物にならないくらい細い毛なんです。

実はこの方法、うちの母親が気が付いて始めた方法なんですよ、当人が「すごく効き目がある」と言うので半信半疑で私もやってみたんですが。

本当に効いたので、驚いてしまったんです。

問題としては、その頃うちは茶道の先生していたので、炭も灰も余るほどあったわけですので、いくらでも使い放題でした。

今この方法試すのには、まず灰を手に入れなくちゃならないですね、一番困難なのはそこかもしれない。それで効き目無かったら(母親と私が特殊体質で効き目があったのかも)、本当にごめんなさいなんですが。

手元に灰があったりしたら、ちょっと試してみてください、過敏症の人でもなければ肌が荒れたりもしませんので、試すだけでもよろしければどうぞ。

ちなみに灰の成分の何が効き目があったのかは、寡聞にして解らないというのも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です